腸内の善玉細菌を増やすといわれるオリゴ糖。オリゴ糖には、5つの効果が期待できます


整腸作用

オリゴ糖は、腸内でビフィズス菌の餌になり、ビフィズス菌を増やします。

ビフィズス菌は、善玉菌です。善玉菌が増えることで、腸内環境がよくなり、 大腸菌などの悪玉菌の活動を弱めます。 このため、腸の調子がよくなり、結果として便秘の解消や便通の改善につながります。

血糖値の抑制

オリゴ糖の中でも、乳果オリゴ糖やフラクトオリゴ糖、大豆オリゴ糖は、 甘さが砂糖より弱いものの、カロリーが低く、摂取しても血糖値があがりにくいことから、 高脂血症糖尿病の患者の食事に使われています

カンジタ菌の抑制

オリゴ糖の1種であるラフィノースは、腸内にいるカビの1種カンジタ菌の増殖を抑えます。

腸内のカンジタ菌は、アトピー性皮膚炎の原因とも言われ、 オリゴ糖をとったアトピー患者の症状が改善されたという報告もあります

肝機能の回復

腸内に悪玉菌が増えると、悪玉菌が作り出すアンモニアも減ります。 アンモニアは、便として排出されるだけでなく、一部は身体に吸収されてしまいますが、 普通は、肝臓が無毒化してくれます。

肝機能障害の人は、アンモニアが体内を巡り、こん睡状態に陥ることもありますが、 オリゴ糖を取ることで、腸内環境がよくなり、悪玉菌が作るアンモニアが減ると、 肝臓を休ませることができ、肝機能が回復します。

このように、肝機能の回復にも効果を発揮するオリゴ糖は、肝機能改善のための治療にも使われています。

免疫機能の強化

オリゴ糖を摂取すると、免疫細胞の免疫グロブリンAが増加したり、 血液中の免疫細胞であるヘルパーT細胞のバランスが良くなることがわかっています。

ヘルパーT細胞のバランスがよくなることで、 花粉症アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状の改善が報告されています


医療の現場でも使われているオリゴ糖は、様々な種類があり、それぞれに特徴がある成分です。

しかし、どのオリゴ糖にも共通する効果は、「整腸作用」。 腸内環境を改善することは、栄養の吸収をよくしたり、 悪玉菌が起こすガンや体調不良を防ぎ、体調を整えます。

腸の調子が良くない、便秘を解消したいとお思いの方は、 積極的に、オリゴ糖を取るようにしたいですね。

脅威のリピート率!便秘に悩む人に爆発的人気!
高級オリゴ糖一か月分プレゼント